ミラクル巨乳な風俗嬢

ちょっとしたお小遣いのようなものだから

本を出版した…と言えば、「凄い」と思われるかもしれないんですけど、今はサラリーマンの自分でもちょっとしたことで本を出せる時代なんですよね。それで自分でもこの前本を出したんです。知り合いの伝と言うのも大きいんですけど、まぁそこそこといった所の売り上げですかね。間違ってもサラリーマンを辞めて作家として食べていけるような収入ではありません(笑)本当にちょっとしたボーナス程度なので、風俗で散財しちゃいました(笑)いつもは風俗で遊ぶ時はどうしてもお金を気にするものです。やっぱりそこは重要ですしね。でもその時ばかりは何も考えず、コースも180分だし、興味のあったオプションもガンガン付けました。この機を逃したらこういった形で楽しむのは出来ないんじゃないかなって思ったんですよね(笑)それに、伝で出した本でもあるので、こういったお金は溜め込むのではなく、散財した方が良いかなって。とにかくお金をかけた分、満足度も相当なものでしたよ。

心掛けるのは「どうするのか」です

どうしたいのかは、いつも風俗で遊ぶ時に自分に問いかけることなんですよ。まずこれを明確にしておかないとポータルサイトやホームページなど風俗の情報コンテンツを見ても誰にすべきなのか決められなじゃないですか。とりあえず誰でも良いって時もありますけど、どんな時間を過ごしたいのかを明確にしないとなって。その目的を満たしてくれるであろう風俗嬢を選ぶことが満足をもたらすことになると思うんですよ。だから自分が何を求めているのか明確にしていないのに、適当に女の子を選んで「イマイチだった」では、むしろ女の子の方が可愛そうですよね(苦笑)風俗嬢だってエスパーではないんです。相手に言われたことであればしっかりと応えてくれますけど、何をしてもらいたいのか分からないのに「気持ち良くさせてくれ」「満足させてくれ」だけではさすがに大変なんじゃないですかね。だから風俗ではただ単に楽しむってことだけじゃなく、どう楽しむのかも考慮しています。